ブログ

ブログblog

  • ホーム
  • ブログ
  • 落石の恐怖!モニュメントバレーの宿 アメリカの旅その5

落石の恐怖!モニュメントバレーの宿 アメリカの旅その52018/03/10

さて、グランドキャニオンから

ナバホブリッジへ寄り道の続き。

 

本日の宿泊地モニュメントバレーまでの工程で

もう一か所寄り道します。

道中、急に景色が変わって

赤い岩のガレ場が続きます。

ひたすら同じ景色の道をひたすら走ります。

ガレ場を抜けて、ひたすら真っ直ぐ走ります。

オートクルーズ大活躍!

89号線沿いの駐車場に車を止めると

カッコいいバナゴンが止まってる。

こんな車で旅できたら楽しいだろうな・・・

駐車場から

徒歩で1㌔以上歩きますと

「ホースシューベント」(馬の蹄鉄)に到着

ナバホブリッジのコロラド川の下流?にあたります。

これまた絶景、スケールがデカ過ぎで距離感が分からない。

皆、平気で崖の淵で記念撮影!

切り立っているので、淵から底まで真っ直ぐですよ。

ワタクシ恐怖でこれ以上端に近寄れませんw

イヤイヤ、危ないって!

「落ちる人いないの?」って思ってたら

年に数人は落ちてるらしい・・・

 

誰も落ちずに生還したので、移動です。

真っ直ぐの道に何やら尖った岩が出現してきました。

写真じゃ分からないがメッチャデカいです。

モニュメントバレーが近いのか?

モニュメント的地形を削った道路を走る

もうすでに夕方なってるんですけど

もう一か所寄るんだとさ・・・

 

ホースシューベント的な

「グースネック」夕方なんで誰もいない・・・

ここはちょっと下に

一段あるので端で記念撮影

すぐ移動

おお!出てきましたよぉ~

モニュメントバレーです。メッチャデカいです。

メサというテーブル形の台地とか、さらに浸食が進んだ岩山ビュートが点在し、

記念碑(モニュメント)が並んでいるような景観からこの名がついたんだって。

写真じゃぁ、まったく伝わらない

そのスケール感!とにかくデカい

何もない大地に「ドデェ~ン」と生えた不思議な物体

ナバホ族の聖地とも呼ばれるのも分かる

不思議過ぎて神聖な感じがビンビンに伝わってくる。

グランドキャニオンより、コッチのほうが全然スゴイ!

ハイ!今日の宿

なんと、モニュメントバレーの真下に建造された宿!

イヤイヤ、これって日々ちょっとづつ崩れてるんですよね?

落石とか大丈夫なん?

さて、ワタクシ共一行は貧乏旅行を徹底しておりますので

宿で自炊します。なので近くのスーパーへ買出しに。

スーパーの中では怪しげな色のケーキが売ってますw

 

さて、

そこでプチ問題発生です。

「酒が売ってません」

 

実はこの周辺一帯酒類販売禁止区域です

上記どおり、この辺ネイティブアメリカンの聖地なので酒を売ってはいけません

「酒なかったらパーティーでけん!」と皆が息巻いておりますw

 

散々周辺を探し回ると、一部聖域から外れている地域に

セブンイレブンがあるではないですか。

試しに飛び込んでみると、大量に酒売ってます、ケースで売ってます。

きっと周辺の方々がみんなここへ買いに来るポイントなのでしょう。

 

無事酒もゲットしてパーティーで騒いだのち爆睡

一夜明けてのモニュメント宿の早朝

 

突如「ゴロゴロガラァァァン」と雷が響き渡ります。

晴れてるのに雷とは「さすがアメリカ」と思っておりましたが

どうやら、目視できない部分で崖が大きく崩れた模様w

 「当たらなければどうと言う事は無い!」

モニュメントバレーの夜が明ける

壮観な景色がひろがりんぐです。

 

さて、

ここでまたも爆弾発表です。

「今から1200㌔走ってサンディゴまで戻ります!」

だ~か~ら~

「間合いが遠い!」っての~

 

では頑張って1200㌔走りましょう~

11時間半走りましょう~

ただただ、

ひたすら真っ直ぐな道を走ります

砂漠の道中は日差しがメチャ強い!

車の中でも刺すような日差しが痛い

車中で帽子にフードで太陽光と戦います

ひたすら、ひたすら、まっすぐな道を

ただひたすらに走ります。

 

前も後ろもワタクシ共の車だけ

おお?前方の山のてっぺんが白く雪化粧「フラグスタッフ」です。

そんな登った感じ無いけど、

フラッグスタッフは標高2,000mを超える場所なんだって

アリゾナ州最高点をなす旧火山で

ハンフリーズ・ピークは冬にはアメリカでのスキーのメッカだってさ。

寒いはずだ、どんなゲレンデなのか?すごい興味ある。

 

フラグスタッフのスタンドで売ってた投げ縄

メッチャ欲しくて、マジで買うか悩んだw

随分走ったが、まだまだ半分

「フェニックスのセドナ」を通過

一昨年、嫁様が二週間滞在した場所だ

「ふむふむ、こんな場所へ来ていたんだなと納得」

なんとなく景色が変わり始め

メキシカンなサボテンが生息

行程1200㌔でも仕入は怠りませんw

道中の町フェニックスでもアンティークショップ巡りますw

「火星大王」w「テレビロボット」w

もう完全に日本製やん!

ところで今日の宿、間に合います?

駐車場には「バリアント」

高校生ぐらいのヤングが普通に乗ってました

いいねぇ~、これぞアメリカ!

そんなんしてら当然直ぐに夜ですわw

画像分かりにくいけど、サンドバギー積んだトレーラー

 

さて、

当然ながら今夜も「チェックインに間に合わない」伝説が流れますが

今回は一時間巻戻る時間差が発生しますので

ギリセーフか?きわどい時間

 

しかし!

サンディエゴまで二時間の場所で

雨と霧で視界不良。

前走のバンと逸れますw

 

スマホのナビに助けられながら

当方組がサンディエゴに到着したのは12時半

前走のバン組が滑り込みセーフで宿をキープ

 

今日も何とか車中泊を回避ってw

コレ、ホントに観光なん?

 

さてと

怒涛の観光強行軍も無事?完了

 

残る日程はメインイベントの

「ビッグ3」です。

超巨大規模のスワップミートの3日間をお届けします。

 

乞うご期待

また来週!

 

byA